ダイレクトコネクトの導入

説明

ダイレクトコネクト方法が一般化し始め、導入を検討されている方も多いと思います。そこでダイレクトコネクトにはどのようなメリットがあるのか考えていきましょう。大きく言って3つのメリットがあります。ダイレクトコネクトのメリットとしてまず一つ目が、セキュリティーの強化という部分になります。インターネット接続に関しては通常回線の場合だとハッキングやウイルス感染といった問題が発生する可能性があります。しかしダイレクトコネクトではVPNという仮想のアクセスポイントを形成することができるため会社内でのデータの転送などにはうってつけになります。次にインターネット接続におけるパフォーマンスなのですが、基本的にルーターを使用して通信回線を確立した場合、速度の計算はベストエフォートになります。
このベストエフォートとは、天候、電波状況、通信機器の状態などの全てが最も整った状態であれば、というものになります。そのため毎回これらの条件が整った状態ではないので記載されている通信速度に達していないことがほとんどでしょう。しかし、ダイレクトコネクトはベストエフォート方式ではなく、安定した通信速度を確保できるため悪天候などの影響を受ける心配がありません。最後に毎月のデータ通信料が安くなることがダイレクトコネクトではあります。企業によってはインターネット使用時のデータの下りに発生する料金が4分の1に抑えることができるため大きな魅力となります。これらのメリットはダイレクトコネクトを使用しなければ得ることができないため検討してみるのもいい選択肢といえるのではないでしょうか。また、企業では情報漏えいが命取りになるためダイレクトコネクトなどを活用してセキュリティーの確保も行なうといいでしょう。